年収アップの秘訣|タクシー会社の求人で気になることは?正社員になれば生活が安定する

タクシー運転手の年収が高い秘密とは?向いている人も合わせて知ろう

こんな人が向いている

運転をするのが好き

タクシー運転手の業務時間は普通に10時間を超えるので、運転が元々好きじゃない人は辛いかもしれません。逆に、長時間運転しても辛さを感じない人や運転が好きな人は天職と言えるでしょう。

一人の時間が好きな人

人を乗せていない時はずっと一人なので、このような時間を苦痛と思わない人はタクシー運転手の素質があります。もし、退屈に感じるようなら暇つぶしの方法を用意するなどの対策が必要でしょう。

人と接することに苦痛を感じない

タクシー運転手はお客さんを乗せるので、コミュニケーションがある人ほどこの仕事に向いているでしょう。たまに仕事の愚痴や世間話をしてくる人がいるため、話し上手聞き上手だとなおいいです。

頑丈なハートををもっている

一日の平均業務時間は10時間以上なので、慣れない内は大変かもしれません。また業務中も事故を起こさないよう集中しなければならないので精神的にドッと疲れが出ます。そういうストレスに強い人はタクシー運転手になっても問題なく働き続けることができます。

臨機応変に対応できる人ほど重宝される

不特定多数の人物を乗車させるので、中にはタチの悪いお客さんにあたることがあります。正直、面倒なお客さんですがプロのドライバーとして冷静且つ、臨機応変な対応が求められます。逆に、マナーのなっていないお客さんに怒鳴るような性格の人は向いていないでしょう。

年収アップの秘訣

タクシー

ひたすら走る

月50万円近く稼ぐプロのタクシー運転手が稼げるのは、ひたすらタクシーを走らせているからです。じゃないと、お客さんを乗せることができなくなるからです。休憩のためにスーパーや駅のロータリーで待ちをしますが、1~2時間と長いこと留まると効率が悪くなり逆に稼げなくなります。そのため、少し休憩に入るついでに客待ちをして、残りの時間はひたすら走るというように心がけているようです。

人の流れをよく見ておく

歩道にいる人の行動をよく観察することで、乗りたそうにしているかどうかがわかります。またこれが把握できるとお客さんを取り逃がすということがなくなります。他にも、時間帯と売り上げの分析を細かく行い、いつどこでどのくらいのお客さんを乗せられるか把握しておくことも年収アップの基本となります。ちなみに、タクシーに乗りたがる人は身を乗り出す形で手をあげますが、乗らない人はタクシーを発見したらすぐ背を向けます。この仕事を長年やっていると、そういうことが表情や行動でわかってくるでしょう。

接客態度をよくする

よく稼ぐ人の特徴は、誰よりも大きな声で「ありがとうございました」「またよろしくお願いします」というような掛け声を必ずします。他にも、目的地に着いた際に「お気をつけて」という気遣いの言葉が自然と出てくると、このタクシーにまた乗りたいとお客さんが感じるようになります。いかに丁寧な接客ができるかも、年収に深く関わってくるでしょう。

勤務数を増やす

お客さん一人につき3キロ走った場合、メーターを金額にすると2千円近くの売り上げになります。このようなお客さんを十数人乗せた場合の売り上げは5万円前後といったところでしょう。勤務日数によりますが、タクシー運転手の月給はおよそ30万円という結果になります。単純な話、勤務日数と時間を増やせば年収は確実に上がります。

広告募集中